ワキガの手術 術後のケア

MENU

ワキガを治療して治す方法~ワキガの手術方法と術後のケア

病院で治療をして、ワキガを治す方法を行うために知っておきたい手術方法と術後のケアについて紹介をしています。

 

わきがの手術方法の種類について

 

ワキガの手術の種類としては、

  1. 切除
  2. 除法
  3. 剪除
  4. 吸引
  5. 超音波

があります。
もっと多く種類はあるかもしれませんが代表的な例として載せておきます。

 

切除

切除するやりかたでは、脇の毛が生えている周囲を脇毛ごと切除する手術となります。
現在、再発の確率があるため、ほぼ行われない手術となっています。

 

除法

削除するやりかたでは皮膚を切り、切った部分に器具を挿入してアポクリン腺と皮脂腺を取り除きます。

 

剪除

剪除するやりかたでは皮膚を数センチほど切りアポクリン腺を取り除いていきます。
手術は視認しながら行います。手術の中では、効果が一番高いと言われています。

 

吸引

吸引するやりかたでは皮膚に切り込みをつくり、こちらも専用器具を挿入して汗腺を吸引します。

 

超音波

超音波を使用するやりかたでは、皮膚に穴をあけて専用器具を挿入、超音波でアポクリン腺を分解し吸引します。

 

ワキガ手術にかかる時間

手術により時間などはまちまちですが長時間かかるものもあるため、ゆとりをもって手術に臨むようにするとよいと考えられます。

 

ワキガ手術の費用

ワキガ手術の費用では、保険が適用されるためには、2つの要件を満たす必要があります。

  1. その病院やクリニック自体に保険診療が可能であること
  2. 症状を医者が保険適応と認めること

実際に、保険適用となるかどうかは、上記2点の中でも特に2つめの医師が認めるかどうかというのがポイントとなります。
ある病院ではだめでも、違う病院ならば大丈夫というところもあるそうです。

 

もちろん、手術自体は保険診療が可能と認められた方法であることが前提条件です。
素人判断は難しいと思われますので病院やクリニックに必ず事前確認することをお勧めします。

わきが手術後のケアについて

 

ワキガの手術の後は比較的すぐに日常生活に戻れます。

 

術後の過ごし方

術後も、程度によりますが手術箇所にガーゼなどをあてておくことになります。
ガーゼを当てておく期間は数日といったところです。

 

その間、あまり汗を掻かないようにはしたほうが良いでしょう。
生活の制限とまではいかない程度に気を付け、腕の動きもあまり激しくしないようにする必要があります。

 

手術したことによっての副作用というよりは、術後に急激な動きなどをして切開した部分に影響を与えないことが大切です。

 

傷口が開いてしまった場合、勿論、せっかく糸で繋いであるとはいえ、開いてしまうこともありますので回復が遅くなること、悪い場合はそこに菌が入り回復が遅れるなどの弊害があります。

 

そして術後のアポクリン腺を摘出した個所は皮膚が固くなり、色素が沈着して薄茶色となり周囲の肌とは違うため気になるかもしれません。
しかし、時間が経てば徐々にその状態も緩和されてきて、半年から1年という時間が過ぎたころには普通になります。

 

ワキガ手術の副作用

大きな副作用というものはありませんが、術後に何らかの症状がみられた場合は、すぐに手術したクリニックやお医者様に診てもらうと良いでしょう。

 

手術後は体の一部を切除したのだということを意識し、その部分を大切にすること。
そして、時間をかけながら体の経過を見ていくことになります。

 

切除した部分の切除あとが残るかもしれませんが、あまり気にしないようにしたほうが良いようです。

わきがの手術方法と術後のケア

わきがの手術方法と術後のケアについて紹介します。

ワキガの手術による副作用について

 

ワキガの手術の後は比較的すぐに日常生活に戻れます。

 

術後の過ごし方

術後も、程度によりますが手術箇所にガーゼなどをあてておくことになります。
ガーゼを当てておく期間は数日といったところです。

 

その間、あまり汗を掻かないようにはしたほうが良いでしょう。
生活の制限とまではいかない程度に気を付け、腕の動きもあまり激しくしないようにする必要があります。

 

手術したことによっての副作用というよりは、術後に急激な動きなどをして切開した部分に影響を与えないことが大切です。

 

傷口が開いてしまった場合、勿論、せっかく糸で繋いであるとはいえ、開いてしまうこともありますので回復が遅くなること、悪い場合はそこに菌が入り回復が遅れるなどの弊害があります。

 

そして術後のアポクリン腺を摘出した個所は皮膚が固くなり、色素が沈着して薄茶色となり周囲の肌とは違うため気になるかもしれません。
しかし、時間が経てば徐々にその状態も緩和されてきて、半年から1年という時間が過ぎたころには普通になります。

 

ワキガ手術の副作用

大きな副作用というものはありませんが、術後に何らかの症状がみられた場合は、すぐに手術したクリニックやお医者様に診てもらうと良いでしょう。

 

手術後は体の一部を切除したのだということを意識し、その部分を大切にすること。
そして、時間をかけながら体の経過を見ていくことになります。

 

切除した部分の切除あとが残るかもしれませんが、あまり気にしないようにしたほうが良いようです。

ワキガの手術と術後のケア関連ページ

ワキガの治療法の種類と病院の概要
ワキガの治療法の種類と病院の概要の解説です。ワキガを病院で治す方法について確認したい方に、治療法の種類と概要をお教えします。
ワキガの治療薬の種類と副作用
ワキガを治すための治療薬の種類と副作用についての解説です。ワキガを病院で診療する際に使われる治療薬の種類やその副作用についても調べておきませんか。
ボトックス注射でワキガを治療する
病院でワキガの治療をする際に良く使われているボトックス注射の解説です。ボトックス注射について予備知識を持っておきたいという方におすすめの記事です。
ワキガ治療の術後に関して
ワキガの治療の術後がどのようななるかを知りたい方への紹介記事です。ワキガの手術を受けた術後のことが気になる方はご一読をおすすめします。