ワキガの3種類の治療法と治療できる病院について ワキガを治す方法 治療

MENU

ワキガを治す治療法の種類と病院の概要~治療でワキガを治す方法

ワキガを治す治療法の種類と病院の概要について紹介しています。

ワキガに関する治療法の種類について

 

ワキガ治療法の分類

 

ワキガ治療は、方法で大別すると、

  1. 手術による治療法
  2. 薬物による治療法
  3. ボトックス療法

に分けることができます。

 

手術によるワキガ治療法

 

手術による治療法では施術方法はいろいろありますが、ワキガの元となるアポクリン腺を取り除くことを目的として行います。
手術では、根本的な原因を取り除くことにより、ワキガの治療を行うこととなります。

 

手法にはいろいろありますので、自分の体質にあったものを選ぶ必要があります。
保険治療の適用なのか、適用外なのかなど金銭面でも考えることが出てくると思いますので、よく調べることをお勧めします。

 

ワキガの薬物療法

 

薬の治療というと飲み薬をイメージしますが、脇の汗によるものですので、体自体に使用するものがほとんどで次に薬を使った治療についてです。

 

薬といっても幅広く、制汗剤の使用から殺菌作用があるものまで、多種多様となっています。
飲み薬もありますが、ワキガ専門というよりも汗の発生などを抑える体質改善といった傾向がみられます。
薬ですので副作用などに気をつけながら使用することが大切だと思われます。
自分の体質にあわせて使う必要がありますので、こちらもよく調べておくことをお勧めします。

 

ワキガのボトックス療法

 

最後にボトックス療法というものがあります。
これはボトックス注射というものをおこなうことにより、ワキガを治療するのではなく汗のコントロールをすることによりワキガを抑えるというものになります。

 

保険適用ではありますが高額で、病院に行けばすぐにできるというものでもありません。
効果も3か月から半年程度と一時的なものです。

 

ワキガの根本治療というよりも多汗症気味な方が他の治療法と併用すると効果が高いようです。

治療できる場所(クリニック、病院など)について

 

ワキガが治療できる場所ですが、クリニックや形成外科、総合病院などで受けることができます。
全国的にクリニックはありますので、お近くの場所を探して相談されることをお勧めします。

 

治療となると費用面が気になることでしょう。
保険適用の場所もありますので、ワキガ治療にかかる費用については、各人ごとに、も行こうと考えているクリニック、病院に相談してみると良いでしょう。

 

都内の比較ではありますが、両脇で保険適用の場合4万円前後というところが見受けられましたので、保険適用の場合は目安にしてください。

 

ただ都内ですので他の地方ではまた価格帯が違ってくることもあります。
自分が受けようと考えている部位ごとの治療費用についても、クリニック、病院に聞くようにしてください。

 

お金のことは何かと聞きにくいでしょうが、治療する上でも大切なことですので、よく確認するべきです。
もちろん安いからというだけでは病院を選ぶ基準としては不十分です。
色々な点を考慮に入れるように注意して、価格だけで決めないようにしましょう。

 

ドクターの考え方も多種多様ですので、自分が求める医療を受けられるかということはとても重要です。
自分が治療を受けるうえで、どのような治療で進めるのかということを納得できるようなクリニック、病院を探すようにしましょう。

 

探し方としてはインターネット、電話帳などが簡単です。
医療関係者などと関わりがあるのであればクチコミなども参考にしてみるといいかもしれません。

 

治療できる場所は多くありますので、とにかく自分が納得した治療が受けられる場所を探しましょう。

ワキガの治療法の種類と病院の概要関連ページ

ワキガの手術と術後のケア
ワキガの手術と術後のケアの解説です。ワキガを治療して治したいと考えている方に、手術の方法と術後のケアについてご紹介します。
ワキガの治療薬の種類と副作用
ワキガを治すための治療薬の種類と副作用についての解説です。ワキガを病院で診療する際に使われる治療薬の種類やその副作用についても調べておきませんか。
ボトックス注射でワキガを治療する
病院でワキガの治療をする際に良く使われているボトックス注射の解説です。ボトックス注射について予備知識を持っておきたいという方におすすめの記事です。
ワキガ治療の術後に関して
ワキガの治療の術後がどのようななるかを知りたい方への紹介記事です。ワキガの手術を受けた術後のことが気になる方はご一読をおすすめします。