ワキガの治療薬の種類と副作用

MENU

ワキガを治療して治す方法~治療薬の種類と副作用

わきが治療薬の種類と副作用について紹介します。

わきが治療薬の種類について

 

わきが治療薬による薬物療法として簡単な方法では、軟膏やスプレーを染み込ませる方法があります。

 

わきが治療薬の目的としては

  1. 発汗を抑えるための制汗
  2. 細菌の繁殖を抑える殺菌

の2種類に分かれます。

 

制汗を目的としたわきが治療薬のメリット

 

制汗とは文字通り汗のコントロールを目的として薬を使用する方法です。
焼きミョウバンなどがあり市販されているものも多く、医者に行く必要がないことが長所です。

 

各薬品メーカーから多く発売されており、ローションや、パウダー、スティックの形状のものまで、さまざまな形となっていますのでTPOに配慮しながら使用することができるのもメリットと言えるかもしれません。

制汗を目的としたわきが治療薬のデメリット

 

根本治療ではないため一時的なものであるということも覚えておくとよいでしょう。
あとは使用するわきが治療薬が自分にあっているかというのも見極めていく必要があります。

 

飲み薬としてはワキガはもともと汗とアポクリン腺からでる液体がミックスされて発生するものですので、汗を抑えるといった方面で使用することがあります。

 

汗自体を流さないように体の体質を変えるのではなく精神面で汗をかかないように持っていくといった使用方法がなされていますので、緊張や精神的な面で多汗の症状がある場合はお医者さんに相談してみるのもいいかもしれません。

 

基本的に、わきがに効く薬は、お医者さんにいかなくても手にすることが容易いため、色々と試せることがメリットと言えます。
しかし素人判断で試して体に何らかの異常を感じた場合はすぐにお医者さんにかかることをお勧めします。
くれぐれも体質にあわない薬を使用し続けるようなことはやめましょう。

わきが治療薬による副作用について

 

わきが治療薬を使った薬物療法による副作用は、
わきが治療薬の種類の項でも書いたように、大半のものは市販で手に入るというように重い副作用のあるものはあまり多くないと考えられます。

 

しかし、それだけ多くの種類があるということは人によっては体質に合わないということも出てくると考えられます。

 

人によっては配合されている薬の効果が強すぎて皮膚の炎症を起こしてしまったり、塗り薬を塗り続けることでそれが残ってしまい、清潔にしていないのと後々まで、薬が残っていたことによりかぶれが起こってしまったりすることがあるので注意が必要です。

 

汗を抑えるもの、特にスプレーなどでは臭いが付いているものもありますが、場合によってはその臭いと自分の体臭が混ざり合い、腋臭対策のために使っているのに逆効果となることもありますので色々と試し自分に合ったものを使用する必要があります。

 

自分の好みが必ずしも周囲の人にとっても良いということにはならないということを考えなければいけないのはなかなか大変です。

 

多汗症などお医者さんで処方される薬であれば、やはりどのような副作用があるかは使用する薬によりますので薬のことをよくお医者様に聞くなり、薬局でもらう時に聞くことや薬をもらった時についてくる治療薬の説明をみることも大切です。

 

現在であればインターネットでも調べることができますので、自分のことは他人任せにせずに常に情報を仕入れておくことが大事です。

 

副作用といわれると怖いイメージですが、わきがの治療薬は、市販のものから病院での処方のものまで多くありますので、使用している薬にあった知識をもって対処していくことが大切です。

ワキガの治療薬の種類と副作用関連ページ

ワキガの治療法の種類と病院の概要
ワキガの治療法の種類と病院の概要の解説です。ワキガを病院で治す方法について確認したい方に、治療法の種類と概要をお教えします。
ワキガの手術と術後のケア
ワキガの手術と術後のケアの解説です。ワキガを治療して治したいと考えている方に、手術の方法と術後のケアについてご紹介します。
ボトックス注射でワキガを治療する
病院でワキガの治療をする際に良く使われているボトックス注射の解説です。ボトックス注射について予備知識を持っておきたいという方におすすめの記事です。
ワキガ治療の術後に関して
ワキガの治療の術後がどのようななるかを知りたい方への紹介記事です。ワキガの手術を受けた術後のことが気になる方はご一読をおすすめします。