ワキガ臭の原因は脇の状態と関連があるのか ワキガを治す方法 基礎知識

MENU

ワキガ臭の原因と脇の状態の関連性~ワキガを治す方法の基礎知識

 

ワキガ臭の原因と脇の状態には、かなり大きな関連性があるんです。まず、ワキガの原因について理解を深めるようと考えるなら、ワキガのメカニズムを知ることが一番でしょう。

 

何度も出てきているアポクリン腺ですが、そのアポクリン腺のみではワキガという状態にはなりません。アポクリン腺から分泌される液体は無臭だからです。

 

この分泌物にプラスアルファの状況があってこそワキガという状態が起こります。

 

無臭の分泌物がなぜワキガという悪臭を放つ原因になるのか。それは含まれている成分にあります。

 

タンパク質、アンモニア、糖分、脂質など他にも多くの成分を含んでおり、含んだ状態で分泌されるだけなら無臭なのですが、分泌された後が問題となります。

 

それは分泌された後、体の表面には他のエクリン腺から分泌された汗、脂などと合わさることにより、ワキガ特有の臭いを発することとなります。

 

先ほど出たエクリン腺ですが、アポクリン腺とは違い、体の全体にある汗を排出する器官です。通常はこちらから汗が排出され成分としてはアポクリン腺よりも薄くほぼ水分であり、塩分を少し含む程度となっています。

 

エクリン腺から出る汗は臭わないのかと言うとそうではなく、体の表面の脂と混ざり汗臭さの原因となりますが、これはワキガとはまた違います。

 

ワキガとはアポクリン腺の分泌液が原因ではありますが、それ単一だけの問題では無いということもわかっていただけたでしょうか?

 

アポクリン腺から分泌されたあとの脇の状態がワキガの原因と大きく関連しており、脇のコンディションを整えておくことがとても大切なことであるとわかっていただけたら幸いです。

 

ワキガの原因となるのは?(遺伝)

ワキガは遺伝なのか、それとも遺伝ではないのか。
多くの方が気になる疑問点でしょう。

 

ワキガの体質の割合について日本と他の国の割合を書きましたが、なぜここまで違いが出るのか?
それは遺伝的なものが強いと考えられます。

 

ワキガの体質はほぼ遺伝です。
もちろん食生活などで発症しないとは言い切れませんが、遺伝が多くの割合を占めていると考えられます。

 

自分の親のどちらか一方でもワキガであれば、自分がワキガである確率はとても高くなります。
両親共にであれば、さらに高くなります。
両親がワキガでなかった場合でも、その親のさらに親を遡りワキガであった場合も発症する確率があると言われています。

 

このようにワキガは高確率で遺伝します。
自分がワキガであれば子供にも遺伝する。
そのような悩みを持つ方がいても不思議ではないでしょう。

 

このように高確率で遺伝で発症するのだとわかると、国別の割合が高いことも納得がいくのではないでしょうか?
遺伝で伝わっているから割合が高いとも言えます。
そしてそれはその国にとっては体質であると納得できる事実でもあります。

 

ワキガというのは日本の考え方であり体臭の強さや弱さの違いと考えるだけであり、その対策によって臭いを抑えたりしているという部分もあるようです。

 

もちろんワキガを全面的に受け入れているというわけではなく、脇汗用の商品なども販売されています。

 

日本ではワキガである人の割合は少なく、そして体臭がきついことを気にしやすいということが、ワキガに対してワキガの当事者も周囲の人も過敏になる要因だと思われます。

ワキガ臭の原因と脇の状態の関連性関連ページ

アポクリン腺がワキガの元凶になる
ワキガの元凶にアポクリン腺がなるのをご存知ですか?ワキガを治す方法の基礎知識としてアポクリン腺がなぜ元凶と言われているのかを確認しておきましょう。
体臭がワキガかどうかを確認する
体臭がワキガかどうかを確認する方法を紹介しています。自分の体臭が気になる、ワキガかどうかわからないので確認する方法を知りたいという方はこちらの記事がおすすめです。
汗をかくとワキガ以外でも臭うのか
ワキガ以外でも汗をかくと臭うのかについて解説しています。 ワキガを治す方法の基礎知識として汗をかくと臭う仕組みについての理解を深めましょう。
発汗を抑えてワキガ臭を減らすには
ワキガ臭を発汗を抑えて減らすにはどうすれば良いかという悩みにお答えします。汗をかく量を減らしワキガ臭を無くしたい方におすすめの記事です。
汗をかく理由とは
汗をかく理由とは何でしょうか。ワキガを治す方法の基礎知識として、汗をかく理由が知りたい方はこちらの解説をご利用下さい。
体臭がきついと全てワキガですか
体臭がきついと全てワキガですか?という疑問にお答えします。ワキガを治す方法の基礎知識として体臭がきついと全てワキガと考えるべきかどうか確認しておきましょう。